成年後見制度を利用するとこれからどんな日々が待っているのか
あなたに知ってほしいから

Web Analytics Made Easy -
StatCounterUpdated on 2020/11/23   

What's New?

ジャーナリスト・長谷川学氏より緊急Statement 

New!  コラムニストM氏による「任意後見制度の罠」第8回をアップしました。
 New! !後見被害報告No.15をアップいたしました。
越川文雄氏コラム第11回12回をアップいたしました
ここが変だよ成年後見をアップいたしました。

ジャーナリスト長谷川学氏 Statement

Statement ジャーナリスト長谷川学氏より



今日公開の「講談社・現代ビジネス」に下記アドレスの記事を書きました。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76375?imp=0
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76396
ロッキード事件の公判担当検事だった堀田力弁護士(法務省元官房長)が「司法の暗黒領域」と嘆いている制度があります。
成年後見制度がそれです。
この制度は、本来、認知症高齢者と知的精神障害者をサポートするために作られましたが、実際には認知症障害者、知的精神障害者、その家族のために役立っていないばかりか、「認知症高齢者保護」という美名のもと、「これが民主主義国家を標榜する日本で起きていることなのか」と目をそむけたくなるような人権侵害が堂々とまかり通っています。
マスコミでは、後見人の弁護士や司法書士が認知症の人のお金を横領した事件が時々報じられます。
確かに、老後に備えて蓄えたお金を横領するのはひどいことではありますが、それとは比較にならない深刻な人権侵害行為が多発していることについて、新聞、テレビはまったく報じません。
私は、多くの成年後見制度利用者を取材し、その結果、この制度は、国家(最高裁家庭局・家裁・厚生労働省)、法曹界(弁護士、司法書士)、自治体が、寄ってたかって弱者(認知症高齢者や知的精神障害者)を食い物にする「悪魔の制度」だと思うようになりました。
ところが、この現実が社会にまったく伝えられていません。
被害者(認知症や知的精神障害者の人とその家族)は、いずれも社会的弱者で、異議申し立てをする方法と手段を持たない人たちです。
そういう人たちは、人権侵害をやめるよう、国家(家裁、厚労省)、自治体(市区町村や包括支援センター)、後見人(弁護士、司法書士ら)に相談し、抗議しているのですが、どこからも相手にしてもらえません。国家が進めている制度なので、社会で最も弱い層の声は徹底して無視されます。
しかも、被害を調べ、状況を改善するための窓口、相談機関がどこにもありません。本来なら「弁護士自治」を掲げる日本弁護士連合会や日本司法書士会が相談を受け、状況改善に乗り出すべきですが、弁護士自治はまったく機能していません。
弱者を食い物にしているのは仲間内の弁護士や司法書士。しかも、そうした人権侵害行為を国家(家裁、厚労省)や自治体が事実上、黙認しているので、日弁連、司法書士会も、見て見ぬふりをしているのです。
結局、認知症の人の家族は、日弁連(法テラス)から「後見人がついているなら、どうしようもない。諦めなさい」と引導を渡されて泣き寝入りさせられます。
怒りと屈辱を抱えて、生活するうちに、多くの家族が、うつ病などの精神疾患を罹患します。「抗議のために死にたい」と訴える人も少なくありません。
ところが、認知症高齢者、知的精神障害者という社会で最も弱い層を社会的強者が合法的に食い物にしているという、この現実が、ほとんど社会に知られていません。勇気ある被害者が、メディアに実情を訴えても、しょせんは「無名の人」の嘆き。「話題性がない」、「部数増、視聴率アップにつながらない」として相手にされず、報道もされません。
1人でも多くの国民に、この現実を知っていただきたいと切に願い、僭越ながらメールさせて頂きました。
ご高覧頂ければ幸いに存じます。

長谷川学

PDFをダウンロードする

引用元 Facebook 一般社団法人後見の杜より

成年後見制度被害報告

成年後見制度被害報告

「そんなことはないだろう」「大げさに書いているのでは?」

いえ、全て事実です。あなたの家族にも起こりうる恐怖の実状を知ってください。

「成年後見制度被害の実態」トップページ

令和元年5月24日 手島あさみ最高裁家庭局長答弁


令和元年5月24日衆議院法務委員会「成年後見制度についての質疑応答」がありました。質問「申立で候補者(成年後見人になってほしい人の名前)が記載された件数に対し、実際にその候補者が選任された割合(%)は?」
手嶋あさみ最高裁家庭局長「候補者が掲載された件数とその候補者が選任された割合は統計をとっていません」と答弁しました。

Pick Up!  1

全12回シルバー新報掲載記事より

ここが変だよ成年後見

成年後見制度の今を知る

Pick Up!  2

本人の意思で結んだ任意後見契約。本当に本人の希望通りになるのだろうか

第8回をアップしました。

自らの体験から成年後見監督人についての不条理を丁寧に解説。
あなたはそれでも成年後見制度を使いたいですか?

As a Global Issue

成年後見制度に関する記事を英文にしました

The Report of Guardianship Abuse JAPAN

成年後見制度の実態を知るには・・Read it!

Watch and Read it

「成年後見制度の闇」
信じられないが事実!
☆4.4
「成年後見制度の事実」を知る!
Amazonカスタマーレビューも高評価。
被害者の実態を世に知らせてくれた貴重な1冊。書かれている事は特別な事ではなく、同様の被害、扱いを受けた方からも相談、報告があります。

成年後見制度関連記事

成年後見制度関連記事

長野県松本市の弁護士3000万円横領 県弁護士会が退会命令

2018年、交通事故で重度の障害を負った県内の男性の成年後見人の立場を利用し、保険会社からの損害賠償金3千万円を横領したとして、17日付で退会命令の懲戒処分としたと発表した。
山本弁護士は事実を隠すため、示談書や通帳の記載を偽装していたという。男性側に謝罪し、全額を弁償したものの、私文書偽造・同行使容疑も含め犯罪行為に当たると判断した。同会は、刑事告発したかどうかは明らかにしていない。
「信毎Web」2020年11月20日 掲載
Read it..


これまで起きた成年後見制度関連事件を掲載

成年後見制度を考える会【報告会】

報 告 会

成年後見制度を考える会では、不定期に報告会を開催しています。
トラブルに合っている方、合いそうな方。
会員の皆様を初め成年後見制度に疑問を持つ皆様が参加。
成年後見制度に苦しむご本人・ご家族が事実を伝える場となっています。

終了いたしました。
ご参加いただきまして、
ありがとうございました。

Invitation to
第4回 リモート報告会

第1回報告会

制度被害者による意見交換。勉強会。被害者からの報告。
2019/11/29
東京都内

第2回報告会

被害者3名からの報告
特別講演会 森脇淳一弁護士
2020/2/24
広島県 福山市

第3回報告会

一般社団法人後見の杜
代表 宮内康二氏
【後見座談会】
公開質問と出口への指針
2020/6/7
広島県 福山市

第4回リモート
報告会 

一般社団法人後見の杜
代表 宮内康二氏 
【フリートーク】
2020/10/18
会員限定
オンラインで開催

お知らせ

お知らせ

「成年後見制度を考える会」の名称を語り、個人情報を抜き取る事案が報告されています。
活動につきましては、必ず当ウェブサイトで発表いたしますので、お気をつけいただきますよう、よろしくお願いいたします。
なお、当会では現在LINEを利用した活動は行っておりません。

成年後見制度について知っておくべき事

What you should know about Guardianship

成年後見制度に関する知っておくべき事

これまで考える会では成年後見制度に関連する記事等を中心に掲載をしてまいりました。
しかし、毎週届く悲痛な声の多さに、大きく感じる思いと併せてコラムを掲載いたします。

Coming Soon

パターン化する成年後見制度被害

後見制度被害にはいくつかのパターンがある。Coming soon..

成年後見制度によってどのような事が起こっているのか

Coming soon... 

「親なきあとに」は成年後見制度なのか?

Coming soon..

成年後見制度は、国連障害者権利条約に違反しているのか?

Coming soon..

最高裁「後見人は親族が望ましい」から、何か変化はあったのか?

平成30年、最高裁は「後見人は親族が望ましい」との見解を出した。

Why should we shout to the top?

The discrimination against the wards of guardianship in Japan has been hidden under the table. 

We hope the ward and his/her family will be able to be free from the desperate situation, who are being tied up with the unacceptable ropes by family court and attorney.

Contact Us!

あなたの関わる成年後見制度について
お聞かせください。

入会希望⇨登録はこちら

Index こちらのリンクからどうぞ

Index

B. 成年後見制度被害の実態
What has happened on Guardianship in JAPAN?

1.  成年後見制度被害報告      New! No.15 
2. 成年後見制度に関するツイート画像集
3. 専門家、研究者の意見
4. 成年後見制度被害のパターン化

C. 成年後見制度を考える会
About Us

1.  成年後見制度を考える会とは
2. ご入会・会員登録
3. 報告会
4. 海外への報告活動

E. 成年後見制度を根源を知る
厚労省・家裁・有識者 
Resource of Guardianship from Ministry of H.L. and W, Family court and Experts

1.   成年後見人はこうやって決まる
2.  家庭裁判所閲覧拒否問題
3.  厚労省 促進会議(リンク)
4.  大阪家裁資料
5.  国賠資料 

F. 世界の成年後見制度
Guardianship Abuse in the world

1. 世界の成年後見制度を知る
2. 世界の成年後見制度被害・事件
3. International Guardianship Network(リンク)

G. 成年後見制度の問題点
Issue of Guardianship

具体的事案から見えること

H. 私たちの願い
Our Goal

1. 制度改善か廃止か
2.「限定後見」とは
3. The Statement (English)

I . 資料・インタビュー
References/Interviews 

1.リンク集
2.インタビュー 

Assosiation To Stop Guardianship Abuse JAPAN

Contact Us
No more discrimination 
against people with dementia and people with disabilities.