成年後見制度被害

利用した家庭で、今何が起こっているのか。
この事実を知り、利用を考え直してください。
あなたがこのトラブルに落ちないように、本当に成年後見制度が必要なのか、
もう一度考え直してください。

free web templates

後見制度被害実例No.2

本人の意思を無視する成年後見人


軽度のアルツハイマー型認知症と診断された伯母は、伯母の亡き息子の嫁が勝手に家庭裁判所に後見開始申立をしたため、本人の意思も確認されぬまま、後見人制度の当事者となりました。
すると、伯母本人と介護をする私と妹の生活が逆転!私たちの幸せが奪われました!その結果、自由を奪い、人権侵害も甚だしい後見人制度の現状を知りました。
この現実を一人でも多くの人に知ってもらい、泣き寝入りする人を無くしたいと思います。

その為、被害者の声を集めて、制度を是正するための組織を作ろうと思いました。

成年後見開始の経緯

軽度のアルツハイマー型認知症と診断された伯母は、伯母の亡き息子の嫁が勝手に家庭裁判所に後見開始申立

成年後見被害について

皆さんは、もし資産も 収入も十分あるのに、自分の住みたい場所に住めなかったら、どうしますか?

伯母は、資産も収入もそこそこあるのに、この制度の落とし穴のせいで、自分で自ら訪問して入居申し込みした介護施設に住むことができません。嫁が勝手に選んだ介護施設に住んで、不便な思いをしています。そして、一銭もお小遣いをもらえず、空のお財布を見て不安がっています。株主優待券等も、伯母の手元に全く届かなくなりました。おまけに、2016年10月に他界した愛娘を、未だに自分が選んだお寺に埋葬できない状態です。成年後見制度を今のままにしておいたら、このような人権侵害を受ける方達がどんどん増えかねません。


私達の場合、自分の子供たちが相続する資産を減らしたくない伯母とは血縁関係皆無の伯母の亡き息子の嫁が、この制度を使うことについて伯母の意思は全く確認せず、勝手に伯母の後見人候補を選びました。しかし、伯母の認知症はそれほど重度ではなかったので、家裁は伯母に保佐人を付けました。そして、その保佐人は自分の報酬を減らさないように、その嫁と面会してタグを組んでいる状態です。

伯母の保佐人は、全く伯母の介護をぜず伯母の状況を把握していない嫁とは会うのですが、実際に伯母の介護をして伯母の心身の状態を一番良く把握している介護者の私たちに会う義務がありません。それで、伯母の保佐人は、嫁とは会っても、私たちに会うことを拒否し続けています。

成年後見被害に合う前に
知ってほしい

「後見人制度」を知っていますか?

「成年後見人制度」は民法858条によると、本来なら認知症の方が、快適な暮らしと心身の健康を維持できるようにする為にできた制度です。

 

しかし現実は『落とし穴』だらけ……

『婦人公論』1500号に、ジャーナリストの長谷川学さんの「家族の幸せが奪われた!多発する成年後見人トラブル」の記事が掲載されました。

それによると、146ページに「超高齢社会に突入した日本では、2025年には、65歳以上の5人に1人、約700万人が認知症になるかもしれないと見込まれ」ています。あなたにも後見人制度が関与してくるかもしれません。その前に、是非この制度を是正しておきませんか?

知的障害などのお子様がいて後見利用を考えているならば、子供さんの名義で貯金はしないようにしてください。

親が障がいのある子の名義で貯金するって当然のことだし、障がいのある子に財産を残さないなんて不安だと思いますが、今母は弟名義で貯金してきたことを悔いています。万が一、後見人を付けなければならなくなった時には財産がない方が幸せだと思います。

母が弟より先に亡くなる可能性大なので、対策を考え実行していますが、制度利用開始しているので専門職の関与避けられないかもしれません。どちらにしろ本人死亡までやめられない制度なんてあってはならないのです。先天性脳性麻痺は治らないのです。後見制度を利用しないでください。
私は姉であり親ではありませんが、母がいてもこの状況。親亡き後の成年後見制度って嘘です。

お問合せメール

ご意見、ご質問などありましたら、こちらのフォームに記入して送信をお願いいたします。
後見被害者及び、当サイトの関係者にとって不利益になると判断した際には、返信出来ない場合もありますので、ご了承ください。

成年後見制度を考える会2019 All Rights Reserved.           callme@koken110.net