成年後見制度トラブルに
巻き込まれた私たちが求める事

simple website templates

成年後見制度の改善を求めます。

成年後見人に対する本人・家族からの苦情を受け付け、解決する部署を設置すること。

成年後見人は、必要な時に働き、それに対しての報酬を受け取る事。一生くっつき、家族よりも立場が上など、論外である。

成年後見制度推進委員会は、この現実を重く受け止め、現場での聞き取りを行い、苦しんでいる家族を救済するべく対応するよう求める。


家裁は鑑定を行わずに、一生を左右する奴隷制度を始める事をやめるべきである。


平成31年3月最高裁の「後見人は親族が望ましい」との見解に加えて、これまで家族がありながら、士業後見人が選任されている事件については早急に家族から後見人を選任するよう求める。

成年後見制度を考える会2019 All Rights Reserved.           callme@koken110.net