世界で起こっている
成年後見制度被害

アメリカ、オーストラリアにも被害者協会があります

html templates

1.アメリカ

America

NASGA
National Association to Stop Guadian Abuse

成年後見人による被害を止める国際協会
Website

Mobirise

NASGAでは、世界中で起こっている成年後見被害についてサポートを行っています。現在、こちらの協会とも連絡を取っており、随時報告をしています。

「日本でも被害があることを悲しく思います」とのコメントをいただいています。 

2.アメリカ

America

Guardian Abuse Case

成年後見人による虐待事件

Mobirise

3.オーストラリア

Australia

Australian Association to STOP Guardianship & Administration Abuse 

オーストラリア
成年後見人による被害を止める会
Website

Mobirise

4.アメリカ

被害者の各事件を掲載。アメリカもひどい

TS Radio Network

オーストラリア
成年後見人による被害を止める会
Website

Mobirise

Mobirise

アメリカテキサス州成年後見制度ガイドより

ガイド本7ページより抜粋

テキサス州のガイド本でさえ、『成年後見制度の利用が本当に最後の最善の選択ですか?』と問いかけている。

なぜならば、成年後見人が付くと言う事はその方の権利を取り上げると言う事です。
成年後見制度の利用を決める前に、他に方法はないか選択はないか、詳細に調べてみるべきです。
状況によっては最善の選択かもしれませんが、まずは他の利用できるものを見つけ、(現在)一部または全ての自立の維持を保護されている人に付ける可能性となる、より制限を行うような選択肢は除外するべきです。




Less Restrictive Alternative(LRA)という表現も示している。

*LRAとは、less restrictive alternativeの頭文字をとったもので、違憲審査基準です。日本語では「より制限的でない他の手段」と訳されます。
これは、自由の制限は取締目的に照らして必要最小限のものではなければならないとする原則です。アメリカの判例理論がその元です。

準備中

成年後見制度を考える会2019 All Rights Reserved.           callme@koken110.net